2016
02.04

部屋干しするなら5時間以内!!臭いと菌の増殖を防ぐコツ★ ~洗濯の前・洗う編~

ナックたすかる

花粉が増える季節やジメジメした季節は部屋干しの機会が増えますよね!!洗濯と乾燥のしかたで部屋干しをしてもイヤな臭いを防ぐためのコツをご紹介します。

≪菌の増殖を防ぐのが臭いを発生させないコツ≫

 

DI_IMG_5648_TP_Vポイント① 洗濯物は洗濯槽に溜めないで風通しの良い場所に!!

洗濯槽の中に洗う前のものを溜めないこと。特に、洗濯機のフタをしめてしまうと洗濯槽の中は高温多湿になり、菌にとっては増殖しやすい環境になってしまいます。洗濯物は通気性の良いカゴなどに入れて保管しましょう。お風呂場などの水まわりの近くに置く場合は換気を心がけて少しでも風通しのいい状態にしましょう。洗濯までに時間が掛かるようであれば除菌・抗菌効果のあるスプレーを軽く墳霧しておくのも効果的です。重要なのは菌が増殖しにくい状態にすることが大事です。

 

N695_huruicoinrandori-_TP_Vポイント② 高機能の洗剤類の効果を最大限に活用する!!

一度にたくさん洗いたいがために洗濯槽いっぱいに洗濯物を詰め込んではいけません。除菌・抗菌効果のある洗剤、漂白剤などの特性効果が充分に発揮できないだけではなく、洗濯機の故障の原因にもなりかねないので気をつけてください。

 

TSU882_eakonnashi_TP_Vポイント③ 菌の温床となりやすい箇所には洗濯前にひと手間かけましょう!!

汗をたくさんかき臭いが気になる部分には、まさに菌が発生しやすい場所です。脱いだらすぐに、除菌・抗菌効果のあるスプレーを墳霧したり、洗う前につけ置きしておいてから、他の洗濯物と一緒に洗濯機へいれましょう。

 

NS525_madogoshiniokaretasenzaitojyaguchi_TP_Vポイント④ 洗剤・漂白剤・柔軟剤を上手に使って菌をよせつけない。

全自動洗濯機の洗剤投入口を確認して、洗剤・漂白剤・柔軟剤を正しく使うことが大切です。機種にもよりますが、液体洗剤と漂白剤は通常一緒の投入口に入れて、柔軟剤は別の投入口に入れるので、くれぐれも間違わないようにしてください、

 

N112_egaodehamigaki_TP_Vポイント⑤ 見落とし易い洗剤投入口はカビが発生しやすいので注意!!

洗剤投入口にはカビが発生しやすいです。定期的に取り外し、使い古した歯ブラシなどで掃除をしましょう。洗剤投入口の隅がピンク色になっていたら、それはカビです。放置してしまうと広がってしまうので早めの処置をしましょう。

 

以上、今回は『部屋干しするなら5時間以内!!臭いと菌の増殖を防ぐコツ★ ~洗濯の前・洗う編~』をご紹介しました。次のステップ『~乾燥させる編~』は以下のURL参照してください!!

部屋干しするなら5時間以内!!臭いと菌の増殖を防ぐコツ★ ~乾燥させる編~

 

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると励みになります!
よろしければ、下記クリックしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村