2016
02.10

バスルームの白ずみ汚れをキレイに落とすお掃除テクニック

ナックたすかる

バスルームの汚れのお悩みで1番遭遇することの多い『バスルームの白ずみ』。白ずみとはいったいなんだと言われてしまいそうですが、簡単に言えば、バスルームのカルキ汚れです。その白ずみ汚れのお掃除解決方法を伝授します!!

 

PP_huro-thumb-autox1500-12570・クエン酸でくすんだ汚れも解決ピカピカに

このところ、マンションを中心に床や壁に黒っぽい濃い色を使った高級感があっておしゃれなユニットバスルームが増えています。けれども、この黒っぽいバスルーム、石けん成分などのアルカリ汚れがはびこってくると、なんとなく白っぽく、くすんだ感じになってしまい、どうもいただけない感じが。『あぁ、この白くなったお風呂場が私のストレス!!せっかくおしゃれなバスルームだったのに!!』そういった友人に、クエン酸の顆粒を少量渡したことがあります。お風呂の掃除が終わって、まだ床がぬれている状態の時にパラパラまいてみてと伝え、その通り行った友人から夕方に電話がかかってきました。

友人『効いたわ、あの粉!!床はこんな色だったのねって思ったわ。あれは一体 何だったの?』

私『クエン酸』

友人『うそ!!あの健康食品の?』

私『うん、まぁね。薬屋さんで買ったやつだけどね』

ユニットバスの床や壁部分がカルキやシャンプー石けんなどで白っぽくなってしまったときは、ぜひお試しあれ。かなり効果があります。もちろんシャンプーのボトルの液だれなども、そのままにしておかず、スプレーして拭き取ればすっきりします。ただし、人造大理石のバスタブは、ものによっては変色してしまったりということが起こるかもしれないので、使う場合はどこか目立たないところでテストしてから使ってくださいね!!

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると励みになります!
よろしければ、下記クリックしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村