2016
02.10

プラスチック汚れは?スポンジゴシゴシはNG!!お掃除テクニック

ナックたすかる

プラスチック汚れのお掃除!!ゴシゴシ磨いて汚れが取れても傷が付いてしまったりしたことはありませんか?そんな時は『重曹』を使って簡単に傷も付きにくく汚れを取る方法があります。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか!!

PPG_burokkunoomocya_TP_V・クレンザーパワーは抜群!!

重曹は油汚れもかなり劇的にとれておもしろいのですが、清掃用具を扱うメーカーさんたちは、重曹で1番すごいのはクレンザーパワーだと口をそろえます。市販のクレンザーには、『プラスチックには使えません』といった注意書きがあります。クレンザーは固いので、プラスチックにかけてこすると、傷がついてしまいます。ところが、重曹は、プラスチックに傷をつけないクレンザーなのです。それは重曹が汚れより固く、プラスチックより柔らかいからです。2つのものをこすりあわせると、固い方が残って、柔らかい方が壊れます。重曹と汚れだと、汚れの方が柔らかいから壊れる、つまり、汚れがとれる。でもプラスチックと重曹だと重曹の方が柔らかいから、重曹が壊れる。そのおかげでプラスチックに傷をつけずに汚れだけを落とすことができるのです。

 

ELLY95_pasuterukaraarenji_TP_V・プラスチック以外での使用もOK

ときどき、『重曹は粒が細かいから傷がつかない』という説明を見かけますが、大事なのは固さの関係で、粒の大きさではないのです。という結果からほとんどの物に使えるのです。例外は、酸化して黒ずんでしまうアルミニウム、生木くらいです。表面が凸凹している壁紙などでは多少威力がそがれますが、ツルンとしたタイルやプラスチックについた汚れは、ほとんど落ちます。電気のスイッチカバーもはずして重曹でこするとピカピカになります。ただし、クレンザーになるくらいですから、粒はけっこうしっかりしています。汚れを落としたあとは放っておくと、ザラザラになってしまいます。重曹を使って汚れを落としたあとは、最後に酢水(水100cc 酢100cc)をスプレーした布で仕上げ拭きしてくださいね。

 

 

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると励みになります!
よろしければ、下記クリックしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村