『服を買うなら捨てない!!』服の正しい捨て方&選び方

ナックたすかる

クローゼットが片付かない原因は「収納方法」ではなく、「買い方」にあり!?服の買い方を指南したプロフェッショナルが理想のワードロープをつくるための買い方、捨て方の極意を伝授します!!

 

ムダ服とお別れし、増やさない為の12カ条

~捨て方編~

1、『痩せたら着る』など、″たら・れば″をやめる

「痩せたら」「また流行ったら」と取っておいても、その機会が訪れる可能性は低い。痩せたら痩せたで新しい服が欲しくなるはず。今着ていないなら潔く処分をしましょう!!

2、朝、脱ぎ捨てた服を捨てる

一度着たものの「やっぱり違うな」と脱ぎ捨てた服は、クローゼットに戻さず捨てる。脱ぎ捨てたのは、なんらかの理由があるはず。今後も着る事はないはず。今後は着ることもない『いらない服』です。

3、「高かったから捨てられない」は禁止

かつて″清水買い″した服でも、似合わなくなったり、流行遅れになったりしたら処分の対象に。どんなに高級品でも、自分をおしゃれに見せてくれないなら意味はありません。

4、1シーズンに1回も着なかった服を処分する

衣替えの際に手持ちの服を見直し、そのシーズンに1回も着なかった服は処分。今年着なかった服は、来年もまず着ません。クリーニング済みのものはそのままリサイクル店へ。

5、靴下や下着から始める

捨てるのが苦手な人は「くたびれてきた」「着け心地が悪い」などの捨てる基準を設けやすい靴下や下着から始めてみて。捨てられたら、その勢いで服にも挑戦を!!

6、着てみて、自分がマシに見える服(これは残してOK)

年を重ねるほど、自分に合う服は見つけにくくなる。着比べてみて、痩せて見えたり、顔映りが良くなったりと、少しでも自分をマシに見してくれるなら残してOK!!

 

~買い方編~

1、1つ捨ててでも欲しいと思うモノを選ぶ

「手持ちのモノよりいい」と思える服だけを買う。買い足すのではなく、既に持っている服を″買い替える″と考えること。今と同等やしれ以下なら、買う必要はありません。

2、試着室から着て帰りたいと思う服を買う

着て帰りたくなるほど「すぐに着たい」と思える服を買う。時がたてば、トレンドも自分の気分も変わるもの。先取りして来季の服を買っても、結局はお蔵入りになる可能性が。

3、靴に一番、お金と愛情をかける

身につける時間が長いからこそ、靴にはお金をかける。少数でいいので、履き心地が良く上質なモノを選ぶこと。まあまあの服でも、靴が素敵だとおしゃれに見えます。

4、今シーズンに何回着るかを考える

コスパの良さは「今シーズンに何回着るか」で判断する。高くても1シーズンに50回以上着るなら″買い″。反対に、安くても2~3回しか着ないなら割安だと思います。

5、試着しても買わない勇気を持つ

試着してもピンと来ないなら、買わずに帰る勇気を持つ。少しでも迷っているなら買わないこと。「逃したらもう合えないかも」「店員さんに悪いから」といった考えは捨てて。

6、家に帰ってすぐ着てみて、良くなければ返品する

試着室では実際の自分以上に素敵に見えるもの。家で着てみたら違った・・・というときは、思い切って返品を。もしくは授業料と思って誰かにあげる。クローゼットには入れないこと。

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると励みになります!
よろしければ、下記クリックしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村